オメガ3脂肪酸の効果で体を元気にしよう|ダイエットにも効果抜群!

更年期のトラブルを改善

頭を押さえる婦人

更年期障害とは閉経前後の10年間ほどの間に起こる不調の総称です。人により症状は様々ですが、代表的なものにめまい、ほてり、のぼせ、イライラ、食欲不振、過食、気分の落ち込み、肌荒れなどがあります。主な原因は女性ホルモンの減少ですが、子供の独り立ちや介護問題の浮上など社会的ストレスもその一因といわれています。更年期障害は単なる不調ではなく病気の一種なので、薬による治療も行われます。薬には様々なものがありますが、薬物治療と同時に生活にも気をつけていくと効果的です。食生活でいえば、女性ホルモンと似た働きをする大豆製品などをとるようにするとよいでしょう。また、悩みを専門家に相談したり、友人に話したりしてストレスをため込まないようにすることも大事です。

更年期障害に使われる薬には大きく分けて二種類あります。一つ目がホルモン補充療法に使う薬です。女性ホルモンの減少が原因なので、女性ホルモンを補ってやることにより治療をするというものです。閉経のありなしや、子宮の具合などに応じて処方される薬は変わってきます。二つ目が漢方です。漢方はホルモン補充療法よりも古くから使われてきた方法で、効き目は穏やかですがその分副作用も少なく、長期間服用できるというメリットがあります。更年期障害のようなゆらぎのある不調の改善は漢方の得意分野のため、利用する人も多いです。症状に応じて処方されるものは変わります。また、これら以外にも、うつ状態がひどければそれに対する薬が処方されるなど、症状に応じて処方されるものは変わってきます。